販売促進で変わる売上

企業が商品を販売するための販売促進戦略を考えることは重要です。いくらいい商品を作ったとしてもそのことが世間に知られなければ商品は売れません。従ってきちんと予算で販売促進費の枠をとり、売上を上げる戦略を考えなければならないのです。

パンフレットなどを作成して配布する

自社の商品を作成して世間にそれを知ってもらいたい場合、パンフレットを作成するという手段があります。それを新聞配達店に頼んで折り込み広告として新聞の契約店に配布すると多くの人の目に留まることになります。パンフレットの作成にあたっては広告代理店に依頼して作成すればよいのです。何部作ればいいか見当がつかない場合はとりあえず制作上の最低ロットの枚数として、配布した後の電話問い合わせ等の反応を見て追加オーダーをかけるようにすればいいです。

大々的に宣伝する場合はテレビやラジオのコマーシャルを検討する。
販売促進の際、売上アップに効果のある手段としてテレビやラジオのコマーシャルがあります。テレビやラジオの宣伝効果は非常に高く、パンフレット配布等の手段よりも数段効果は上がります。ただし、その分広告宣伝費も多くかかりますが、社運をかけて勝負したい商品があるような場合は予算を多くとってこういう媒体を利用することは検討する価値があります。ターゲットにしたい商品の購入層が多く見ているテレビ番組やラジオ番組のスポンサーになればさらに効果が上がることは間違いありません。

費用対効果を検証する

実行した販売促進策がどのような効果をもたらしたかを検証することは大切です。例えばパンフレット作成に比べてテレビコマーシャルの費用が5倍かかったような場合、売上が5倍になったかを検証しなければならないのです。

単純比較はできないものの、多くの販売促進費を使った場合はその分売上が上がらなければ意味がないのです。効果がない場合はやめ、次回商品では違う販売促進策を検討して実しなければいけません。何度か試行錯誤して自社の最も効果的な販売促進策を見つけるようにすればいいのです。

長く人々に愛されるような商品を作りたい場合、地道な宣伝努力も必要です。製品自体の出来栄えに自信があれば、根気よく効果的な販売促進策を仕掛けて行けば徐々に商品の売り上げは上がってくると信じて業務を行っていきたいものです。センスのいいキャッチコピーやポスターのデザインを考案することも大事です。