販売促進と営業の違い

販売促進って営業と何が違うのか疑問に感じる人がいると思いますが、基本的に物の売れ行きを伸ばすための環境作りが販売促進、営業は仕事を作ること、こうした捉え方をしておくと区別しやすいものです。

ビジネスの流れ

何かの事業を行う場合はそもそも仕事がなければ始まりません。そのため、最初にやるべきことは仕事を作ることであり、営業が非常に重要だと言えます。中小企業から大手の会社まで、大抵は営業専門の人材がいるわけであり、ここでいかに仕事を得ることが出来るのかで、その後の展開が大きく変わってきます。

こうして仕事を得ることが出来ると、次に考える事はいかにして仕事を成功させることができるのかです。物を売る場合はたくさん商品をさばくことが出来ると良いわけですが、その為に行うのが販売促進です。例えば、今の商品の販売の仕方だと、多くのお客さんに存在が知られていないため売れ行きが伸びないということなら、やはりしっかりとアピールすることが重要となります。店内でこんな商品がありますとアピールするなら、イベントを行ったり注目されやすいように飾りつけしたりしますが、これが販売促進です。

営業も販売促進の一つである

販売促進との違いを区別することは大事でもありますが、事業内容や考え方によっては営業も販売促進の一つです。そう考えると、別に明確な区別の仕方を知っておく必要はあまりなく、様々な会社へ出向くと言ってもその目的は本当に様々であり、やり方も多種多様です。

少人数の会社の場合は本当にあまり区別して考える必要がなく、自然と両者の仕事を一人の人間がやっていることも多いです。規模が大きな会社になると、それぞれの仕事に専門性が持たれてくるので、販売促進のための人材確保を行っている会社もあります。こうして一つ一つの仕事にしっかりと力を入れるほど、その効果は期待しやすく様々なアイデアやプランを練りやすいので、ある意味販促はビジネスのプランナーと言ったニュアンスもあると言えます。

一般的に上記のような違いというのは議論されることが多いですし、違いをしっかりと知りたいと思う人も世間にはたくさんいます。違いを理解しておくと、販促の仕事をする時に自分が求められていることが理解しやすいので、こうした仕事に関わることがあるなら、しっかりと自分の役割というのを認識しておきたいところです。そのほうが自分に任されている仕事に取り組みやすくなります。