アイデア勝負の販売促進

販売促進はセオリーがあるとは言え、その効果をしっかりと得るならばやはりアイデア次第だと言えます。新しい考え方を斬新に生み出すことが出来る人ほど向いている仕事です。

販売促進は結果が大事

販売促進の仕事は結果を出すことがとにかく大事です。店内で商品を販売する時に販売を伸ばしたい商品は注目されやすいように陳列しますが、目玉商品など基本的にはありきたりなアイデアが採用されていることが多いです。

そうした方法は一つのセオリーであり、これに効果がないとは言いませんが、一点だけ注意すべきことはお客さんが見慣れているということです。考え方を全く変えて、注目されたい商品をライトアップするショーケースを豪華にするなど陳列方法だけを工夫して、ポスターなどでは一切何も商品を紹介しない、こうしたアイデアだとお客さんは逆にその商品の興味をそそられることもありえるものです。とにかく、様々な工夫をして以前よりも対象となる商品をいかにして売ることが出来るのか、その結果が本当に大事になってきます。

常に新しい事を考えることができる仕事

販売促進は時代の流れと共に常に新しい挑戦をすることが出来る仕事だと言えます。上記で紹介したようにもうすでにいろんな会社や事業において使いまわされている販促の方法はありきたりであり、お客さんがそれに慣れてしまうと当然ながら結果も出にくいものがあります。

常に新しいアイデアを絞りだし、新鮮さを求めることは必要な仕事だと言えます。一般的にはそれはないと否定されそうなアイデアでも、実際にそれを取り入れてみると大成功することもあり、奇抜な考え方を持てる人や柔軟性を持っている人などに本当に向いている仕事だと言えます。また、この販売促進とはそれぞれの会社によってどのようなプランを採用するのか、結局は誰かが判断をするわけですが、その責任者となる人のセンスや判断力もかなり重要なポイントになると言えます。

部下がどれだけ魅力的なプランを提供しても、上司がセンスがないなら宝の持ち腐れとなってしまいます。そう考えると、最終的にどのようなプランを採用するのか、その決め方にもこだわりを持つことは重要と言えます。

販売促進はアイデアだけで勝負できる仕事であり、そのプランさえ考えることができ、結果を出すことが出来るなら誰でも挑戦しやすい仕事です。常に新しい事を考えて実践していくことが好きならとても魅力的な仕事だと言えます。